歴史

2015年5月27日 GEGがギャラクシー・マカオ™の新たな段階を提示するとともに、ブロードウェイ・マカオ™を正式に開業。
2015年3月 GEGがブロードウェイ・マカオ™のアウトレット開業にあたり、小売および食品・飲料部門で地元中小企業を勧誘、ブロードウェイ・マカオ™協力ブランドおよびパートナー中小企業発表セレモニーは、カジノ経営者と地元中小企業の協力における記念すべき節目となった。
2015年1月 GEGが、2つの期待のプロジェクト(すなわち、旗艦施設であるギャラクシー・マカオの拡張区画、およびギャラクシー・マカオに新設予定のブロードウェイ)について、2015年5月27日の開業計画を発表。
2014年7月 GEGの事業10周年と旗艦施設であるギャラクシー・マカオの開業3周年を祝い、ルイ博士が13億香港ドルで慈善基金の設立を発表。
2013年6月 GEGが香港ハンセン株価指数の構成銘柄に加わる。
2012年4月 GEGがギャラクシー・マカオの第2段階として、既存のリゾート施設をほぼ2倍の規模の100万平方メートルとする開発計画を発表。目標とする2015年中旬にギャラクシー・マカオの第2段階が完成すると、マカオ屈指の胸躍るエンターテイメント、レジャー、小売、MICE施設が登場する予定。
2011年5月 ギャラクシー・マカオのリゾート施設は、マカオ初のレジャー・エンターテイメント統合型リゾート。ギャラクシー・マカオは観光客の目的地としてマカオ随一の人気を誇り、マカオが真に独自性と多様性に富んだ「観光とレジャーの世界的な中心地」になるという目標の達成に貢献。
2006年10月 マカオのカジノ業界で確固たる地位を築いたGEGは、初の旗艦エンターテイメント複合施設としてスターワールド・ホテルを建設。スターワールド・ホテルには500室を超えるワールドクラスの客室とスイート、受賞歴を誇るサービス、カジノ、エンターテイメント、リクリエーションのほか、バラエティーに富んだ飲食店が揃い、マカオでも他の場所では体験できない楽しいアジア独特のレジャーとエンターテイメントをお客様にお約束。
2006年9月 GEGが4番目のシティ・クラブ・カジノであるカジノ・グランド・ワルドを開業。これはGEGが経営するコタイ初のカジノ。
2006年4月 GEGが3番目のシティ・クラブ・カジノであるカジノ・プレジデントを開業。
2006年2月 GEGが2番目のシティ・クラブ・カジノであるカジノ・リオ(「リオ」)を開業。リオは活気にあふれるNAPEビジネス地区に位置し、お客様に豪華で気ままな体験を提供していることから、マカオのVIPのお客様に絶大な人気を誇る。
2005年7月 強さとコミットメントを結びつけて将来の成長の糧としたGEGは、株式を公開し、香港株式市場に初のカジノ経営企業として上場。
2004年7月 GEGが最初のシティ・クラブ・カジノであるカジノ・ワルド(「ワルド」)を開業。マカオのフェリー・ターミナルに近いことから、お客様から大きな人気を集める。ワルドの成功によって、GEGの戦略的方向が確実なものとなった。
2002年2月 ギャラクシー・カジノ社が18の米国、欧州、アジアの企業をしのいで、マカオ特別行政区政府からカジノ経営権を取得。